憧れの真空管アンプ(その4)

“TOP”へMC900432676[1]

 

 

(6N2P/カソードフォロワ回路&TDA1552Q/BTL型IC) 

 


4台目の真空管アンプです。

P1110004

 

 

■コンセプト(↓)です。

・アウトプットトランスが必要ないシンプルかつ安価な真空管アンプ。(目標1万円以内)

・BTL型ICで高音質とシンプル化の両立。

・カソードフォロワ回路で真空管の味付け。

 

 

回路図(↓)です。

回路図(アンプ部)

回路図(電源部)

動作点(6N2P

 

 

パーツ表(↓)です。

パーツ表

1万円前後になると思います。

 

 

ユニバーサル基板の実態配線図(↓)です。

実態配線図(アンプ部)

実態配線図(電源部)

 

 

視聴結果(↓)です。

やっぱり真空管(6N2Pは最高です。

ちょっと工夫して、石(ICTDA1552Q)のみで聴くこともできるようにしていますが、基本は球(真空管:6N2P)をカソードフォロワ回路で経由します。

真空管(カソードフォロワ回路)があると、全然音が違います。

そもそも不必要な回路(真空管)を経由しているので、音は劣化するはずなのに、不思議です。

 

 

はらわた(↓)です。

P1100055

いくつか高価なパーツを使用したので、目標の予算1万円を若干オーバーしました。

 

 

失敗談(↓)です。

【その@】

TDA1552Qを壊してしましました。

強引に足を広げたからだろうか???

P1100037

取り外したTDA1552Qの残骸(↑)です。高価なICだったので、痛かった。。。

 

【そのA】

音質を良くしようとカップリングコンデンサの容量(4.7μF)を大きくしすぎた結果、真空管が安定するまで3〜5分かかりました。

そもそもTDA1552Qは、あまり大きなカップリングコンデンサを付けると、逆に音が悪くなるようです。(ネット情報ですけど、実感しました。)

PC310001

バカでかい4つのフィルムコンデンサ(4.7μF)を取り外して、0.33μFの小さなフィルムコンデンサに変更しました。

値段も安くて小さな0.33μFのフィルムコンデンサのほうが、音質も良くなりました。不思議???

初めからそうしていたら、もっと配線が楽だったのに・・・。

 

【そのB】

ヒーターバイアスをかけるための分圧抵抗(220kΩ+220kΩ240kΩ)が大き過ぎて、流れる電流が少なく、ヒーターバイアス100Vに上がるまでに3〜5分くらいかかり、その間、ノイズがひどくて聴けたものではありませんでした。

B電源(282V)を分圧する抵抗を120kΩ68kΩに変更すると、十数秒でヒーターバイアスは102Vになりました

 

【そのC】

TDA1552Qの電源オン時のポップノイズを回避するため、ミュート回路に手持ちの電解コンデンサ(330μF25V)を使いましたが、効果がありませんでした。

ネットで調べて電解コンデンサを100μFに交換したら、上手くいきました。

コンデンサの容量は大きければ、いいというものではないようです。

 

 

【作製記録】

BD10265_ 平成27年6月14日

BD10265_ 平成27年6月21日

BD10265_ 平成27年6月28日

BD10265_ 平成27年7月5日

BD10265_ 平成27年7月12日

BD10265_ 平成27年8月1日

BD10265_ 平成27年8月8日

BD10265_ 平成27年9月6日

BD10265_ 平成27年9月13日

BD10265_ 平成27年10月4日

BD10265_ 平成27年10月11日

BD10265_ 平成27年11月1日

BD10265_ 平成27年11月3日

BD10265_ 平成27年11月8日

BD10265_ 平成27年11月29日

BD10265_ 平成28年1月10日