“TOP”へMC900432676[1]

自宅サーバー

Raspberry Pi 3

 

Raspberry Pi Type Bもサーバー運用開始から6年を経過しました。

そろそろ寿命かと・・・。

なので、「Raspberry Pi 3 Model BJP)」に更新しました。

Raspberry Pi 4」より消費電力が少なく、日本製なので安心です。

 

籠の中に鎮座しています。

 

作業手順(備忘録)です。

■■Raspbianのインストール■■

-------------------------

以下から「Raspbian Buster with desktop」をダウンロード

↓↓↓

https://www.raspberrypi.org/software/operating-systems/#raspberry-pi-os-32-bit

※ネット情報を参考に作業する

/boot/ディレクトリに空(から)SSHファイルを置いてSSHの有効化しておく

-------------------------

 

■■IPアドレスの検索■■

-------------------------

以下のバッチファイルでIPアドレスを探します

↓↓↓

IP.bat

-------------------------

 

■■SSH接続によりWindowsPCで作業■■

-------------------------

Tera Term」によりSSH接続

↓↓↓

ホスト:バッチファイルで検索したIPアドレス

ユーザー名:pi

パスワード:raspberry

-------------------------

 

rootのパスワード設定

$ sudo passwd root

 

○パッケージの更新

# apt-get update

# apt-get upgrade

# apt-get dist-upgrade

 

○ファームウェアの更新

# rpi-update

 

IPアドレスの固定

# nano /etc/dhcpcd.conf

------------------------

以下を末尾に追記

↓↓↓

interface wlan0

static ip_address=192.168.24.100/24

static routers=192.168.24.1

static domain_name_servers=192.168.24.1

-------------------------

 

○再起動(設定の反映)

# reboot

 

○日本語対応ターミナルのインストール

# apt-get install jfbterm

 

○日本語フォントのインストール

# apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

 

○日本語入力メソッドのインストール

# apt-get install uim uim-anthy

 

hostnameの設定

# nano /etc/hostname

--------

murakami-8

--------

 

vsftpdのインストール

# apt-get install vsftpd

 

vsftpdの設定

# nano /etc/vsftpd.conf

-------------------------

以下のコメントアウトを削除

↓↓↓

@ローカルユーザーを許可

local_enable=YES

A書き込み許可

write_enable=YES

Bファイル作成時のパーミッション755

local_umask=022

CASCII モードによるアップロードを 許可

ascii_upload_enable=YES

DASCII モードによるダウンロードを 許可

ascii_download_enable=YES

-------------------------

 

vsftpdの再起動(設定の反映)

# service vsftpd restart

 

PHPのインストール

# apt-get install php7.2

 

Apacheのインストール

# apt-get install apache2

 

 

○拡張子.cgiの有効化

# nano /etc/apache2/mods-available/mime.conf

-------------------------

219行目のコメントアウトを解除

AddHandler cgi-script .cgi .pl

-------------------------

 

# nano /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

-------------------------

以下のコメントアウトを解除

Include conf-available/serve-cgi-bin.conf

-------------------------

 

CGI実行ディレクトリの変更

# nano /etc/apache2/conf-available/serve-cgi-bin.conf

-------------------------

@以下のとおり修正

ScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/

↓↓↓

ScriptAlias /cgi-bin/ /var/www/html/cgi-bin/

A以下のとおり修正

<Directory "/usr/lib/cgi-bin">

↓↓↓

<Directory "/var/www/html/cgi-bin">

-------------------------

 

cgiの有効化

# a2enmod cgid

 

Apacheの再起動(設定の反映)

# service apache2 restart

 

Jcode.pmのインストール

# perl -MCPAN -e shell

-------------------------

install Jcode

exit

-------------------------

 

Postfixのインストール

# apt-get install postfix

 

Postfixの設定

# nano /etc/postfix/main.cf

-------------------------

以下のとおり修正

↓↓↓

@修正

mynetworks = 127.0.0.0/8, 192.168.24.0/24

A修正

inet_protocols = ipv4

B修正

home_mailbox = Maildir/

C追加 ※SMTP 認証 (SMTP-Auth) の有効化

smtpd_sasl_auth_enable = yes

smtpd_sasl_local_domain = murakami-8.com

smtpd_sasl_security_options = noanonymous

smtpd_recipient_restrictions =

    permit_mynetworks,

    permit_sasl_authenticated,

    reject_unauth_destination

smtpd_sasl_type = dovecot

smtpd_sasl_path = private/auth

-------------------------

 

Postfixの再起動(設定の反映)

# service postfix restart

 

Dovecotのインストール

# apt-get install dovecot-pop3d dovecot-imapd

 

Dovecotの設定

# nano /etc/dovecot/dovecot.conf

-------------------------

以下のとおり修正

↓↓↓

@修正(IPv4のみ有効)

listen = *

A追加(平文を許可)

disable_plaintext_auth = no

-------------------------

 

/etc/dovecot/conf.d/10-mail.confの修正

nano /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

-------------------------

以下のとおり修正

#mail_location = mbox:~/mail:INBOX=/var/mail/%u

↓↓↓

mail_location = maildir:~/Maildir

-------------------------

 

/etc/dovecot/conf.d/10-auth.confの修正

# nano /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

--------------

#disable_plaintext_auth = yes

↓↓↓

disable_plaintext_auth = no

追加(平文パスワードを利用)

↓↓↓

auth_mechanisms = plain login

--------------

 

Dovecotの再起動

# service dovecot restart

 

/etc/aliasesの修正

# nano /etc/aliases

-------------------------

以下のとおり入力

postmaster:    pi

-------------------------

 

Dnsmasqのインストール

# apt-get install dnsmasq

 

/etc/hostsの設定

# nano /etc/hosts

--------------

127.0.1.1       murakami-8

192.168.24.100  murakami-8.com www.murakami-8.com

--------------

 

IPv6アドレスの確認

# ifconfig

--------------

inet6の後にある

↓↓↓

2001:a452:30c5:c700:6c67:34b1:f2c8:5dc9

--------------

 

■■NTT西日本のフレッツ光ホームゲートウェイ(PR-500MI)の設定■■

詳細設定>DNS設定

詳細設定>静的IPマスカレード設定