“TOP”へMC900432676[1]

インターネットラジオ

Raspberry Pi Zero WH

 

スマホで操作できるインターネットラジオを作製しました。

mp3もランダム再生できます。

目覚まし・タイマー機能もあります。

 

Raspberry Pi Zero WH」です。

 

価格は1,848円でした。

 

音がいいと噂のダイソーのスピーカー(300円)から取り外したユニットです。

箱もダイソーの木箱です。

 

裏面です。

 

接続図です。

DACPCM5102A)モジュールによりノイズが気にならない程度まで低減します。

Amazonで購入したDACPCM5102A)モジュールは、中国からの発送だったので、届くまで約3週間かかりました。

価格は796円でした。

 

アンプの回路図です。

使用したパワーアンプICはHT82V739です。

価格は155円(共立エレショップ)でした。

回路なシンプルなので、簡単に作ることができます。

 

スマホの画面です。

 

作業手順(備忘録)です。

Raspbianのインストール

-------------------------

以下から「Raspbian Buster with desktop」をダウンロード

↓↓↓

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/

※いろいろなネット情報を参考に作業

-------------------------

 

Wifiの設定とSSHの有効化

HDMITVに接続して、マウスとキーボードで設定

HDMIUSBは変換プラグ等が必要

 

■■ここからWindowsPCで作業■■

-------------------------

Tera Term」によりSSH接続

↓↓↓

ユーザー名:pi

パスワード:raspberry

-------------------------

 

rootのパスワード設定

$ sudo passwd root

 

○パッケージの更新

# apt-get update

# apt-get upgrade

# apt-get dist-upgrade

 

○ファームウェアの更新

# rpi-update

 

IPアドレスの固定

# nano /etc/dhcpcd.conf

-------------------------

以下を末尾に追記

↓↓↓

interface wlan0

static ip_address=192.168.24.203/24

static routers=192.168.24.1

static domain_name_servers=192.168.24.1

-------------------------

 

○再起動(設定の反映)

# reboot

 

○日本語対応ターミナルのインストール

# apt-get install jfbterm

 

○日本語フォントのインストール

# apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname

 

○日本語入力メソッドのインストール

# apt-get install uim uim-anthy

 

vsftpdのインストール

# apt-get install vsftpd

 

vsftpdの設定

# nano /etc/vsftpd.conf

-------------------------

以下のコメントアウトを削除(書込み可)

↓↓↓

write_enable=YES

-------------------------

 

vsftpdの再起動(設定の反映)

# service vsftpd restart

 

PHPのインストール

# apt-get install php7.2

 

Apacheのインストール

# apt-get install apache2

 

I2S PCM5102の設定のインストール

# curl -sS https://raw.githubusercontent.com/adafruit/Raspberry-Pi-Installer-Scripts/master/i2samp.sh | bash

※何度かy(はい)を選択

 

/var/www/htmlの所有権の設定

# chown pi /var/www/html

 

Apacheのデフォルトのユーザー「www-data」を「audio」グループに追加

# usermod -G www-data,audio www-data

 

lib2c-devのインストール

# apt-get install libi2c-dev

 

gitをインストール

# apt-get install git-core

 

radikoに必要なパッケージのインストール

# apt-get install rtmpdump swftools libxml2-utils

 

/var/www/htmlの属性変更(777Point!

# chmod 777 /var/www/html

play_radiko.shがあるディレクトリの属性は「777

 

○スクリプト

# nano /var/www/html/index.php

# nano /var/www/html/play_radiko.sh

# nano /var/www/html/play_NHK-R1.sh

# nano /var/www/html/stop_VLC.sh

# nano /var/www/html/on.sh

# nano /var/www/html/off.sh

# nano /var/www/html/shutdown.php

# nano /var/www/html/timer.php

# nano /var/www/html/timer_30m.sh

# nano /var/www/html/timer_60m.sh

# nano /var/www/html/timer_90m.sh

# nano /var/www/html/timer_120m.sh

 

○スクリプトの属性変更(755

# chmod 755 /var/www/html/index.php

# chmod 755 /var/www/html/play_radiko.sh

# chmod 755 /var/www/html/play_NHK-R1.sh

# chmod 755 /var/www/html/stop_VLC.sh

# chmod 755 /var/www/html/on.sh

# chmod 755 /var/www/html/off.sh

# chmod 755 /var/www/html/shutdown.php

# chmod 755 /var/www/html/timer.php

# chmod 755 /var/www/html/timer_30m.sh

# chmod 755 /var/www/html/timer_60m.sh

# chmod 755 /var/www/html/timer_90m.sh

# chmod 755 /var/www/html/timer_120m.sh

shファイルの改行コードは「LF」であること

phpファイルの改行コードは「CR+LF」も可

 

○ディレクトリ(755)の作成し、その中にmp3ファイル(644)を転送

/var/www/html/music/SPITZ

 

○起動時の設定

# nano /etc/rc.local

-------------------------

以下をexit 0の前に追記

↓↓↓

#GPI02---Hight(on)

gpio -g mode 2 out

gpio -g write 2 1

#GPI09---Low(LED:Green off)

gpio -g mode 9 out

gpio -g write 9 0

#GPI10---Hight(LED:Red on)

gpio -g mode 10 out

gpio -g write 10 1

-------------------------

 

○アイコンのアップロード

/var/www/htmlFTPソフトでファイル転送

favicon.ico

 

Cron(目覚まし)の設定

# crontab -e

-------------------------

末尾に以下を追記(600にスタート。630にストップ。)

↓↓↓

00 06 * * * /var/www/html/play_NHK-R1.sh

00 06 * * * /var/www/html/on.sh

30 06 * * * /var/www/html/stop_VLC.sh

30 06 * * * /var/www/html/off.sh

-------------------------

 

rootユーザーでVLCを実行できるようにするPoint!

# sed -i 's/geteuid/getppid/' /usr/bin/vlc

 

php から sudo コマンドを実行できるようにする Point!

# nano /etc/sudoers

-------------------------

以下を末尾に追記

↓↓↓

www-data ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

-------------------------

sudoでなければ目覚ましの停止は不可

※セキュリティが低下するので、留意