“TOP”へMC900432676[1]

超ウルトラ簡単(HT82V739)アンプ

コンデンサ大盛/100均ケース(木箱・アルミ板)

 

 

HOLTEK社(台湾)のABBTLオーディオパワーアンプICHT82V739です。

価格は150円程度です。安い!!

 

データシートを参考にした回路図です。

もちろん大盛コンデンサです。

 

 

パーツです。少ない!!

 

シンプルな回路なので、2時間で配線完了。

真空管アンプ用に購入して、手元にあった4.7μF250V)のフィルムコンデンサがでかい。

 

裏面です。

高すぎるワット数の半田ごてを当てると、ユニバーサル基板のパターンが剥がれてしまいます。

逆にそれを利用して、パターンの連結部分にカッターで切れ目を入れて、高ワットの半田ごてを当てれば、簡単に不要な部分をカットします。

 

ケース製作です。

100均(シルク)の木箱を利用します。

 

塗装の前に模様をサンドペーパーで削り取ります。

(もう少し丁寧にやっておけばよかった・・・。模様が透けても見えました。)

 

ポスターカラーで色を塗ります。

 

ニスを塗って、100均(ダイソー)のアルミ板を貼ります。

 

穴あけも、薄いアルミ板(0.3mm)に木箱の板も薄い(3mm)ので、簡単です。

 

パーツを取り付けます。

金色のスピーカーターミナルは高級感があります。

 

配線が完了しました。スカスカです。

 

スピーカーをセットして完了です。

 

ルックスは、金色のパーツが並んで、いい感じです。

 

 

視聴結果

シャカタク(YouTube Music)で視聴しました。

音質もGoodです。

無音時のホワイトノイズも気になることはありません。

許容範囲です。

大盛のコンデンサの効果は、不明(?)です。

 

 

■終わりに■

150円程度のパワーアンプIC(HT82V739)なので、コストパフォーマンスは高いです。

特価品のスピーカーユニットで作ったキューブスピーカーとの相性もばっちりです。

今までで最も簡単なアンプ製作でした。

 

ただ、150円程度のパワーアンプIC(HT82V739)に対して、手元にあったパーツは、完全にオーバークオリティで、アンバランスです。

もっと安価なパーツを使用すべきだと思います。

 

 

【作製記録】

MC900053825[1] 2019年1月6

MC900053825[1] 2019年1月14

MC900053825[1] 2019年1月20

MC900053825[1] 2019年1月27