“TOP”へMC900432676[1]

憧れの真空管アンプ(その6)

OTLアンプ/12AU7LT1010

 

 

6台目の真空管アンプです。

P9100006 (2)

 

OTL(出力トランスレス)アンプです。

重量のある出力トランスや電力を浪費する出力管(真空管)を使用していません。

 

真空管(12AU7)&バッファICLT1010)で構成されています。

真空管(12AU7)が入力信号の電圧を増幅して、バッファICLT1010)が電流を増幅してスピーカーを駆動します。

 

 

回路図

回路図(アンプ部)

回路図(電源部)

 

■動作点■

真空管(12AU7

 

実態配線図

・・・。ありません。

行き当たりばったりで作製しました。

 

視聴結果

いい感じで鳴ってくれています。

スピーカーに耳を近づけると小さなハムノイズが聞こえます。(前作より小さなノイズです。)

 

真空管は前作と同じ12AU7なので、お互いに差し替えて楽しむことが可能です。

P5060006 (2)

 

■内側■

P9100010 (2)

当初、バッファICLT1010)5個を並列でつなぐ計画でしたが、入力電流が不足するので、2個を並列でつなぐのが限界でした。

写真では見にくいでしょうが、ICソケットが10個(5個×左右)並んでいますが、バッファICLT1010)を挿しているのは4個(2個×左右)だけです。

試聴する限りでは、2個の±300mA(±150mA×2個並列)で十分です。

 

回路が基本的に前作と同じだったので、短期間で完成することができました。

 

 

【作製記録】

MC900053825[1] 平成29年6月4日

MC900053825[1] 平成29年6月11日

MC900053825[1] 平成29年6月25日

MC900053825[1] 平成29年7月2日

MC900053825[1] 平成29年7月9日

MC900053825[1] 平成29年7月17日

MC900053825[1] 平成29年7月23日

MC900053825[1] 平成29年8月6日

MC900053825[1] 平成29年8月20日

MC900053825[1] 平成29年8月27日

MC900053825[1] 平成29年9月3日

MC900053825[1] 平成29年9月10日